障がい者

先入観

またまた2週間くらい前の話で恐縮なのですが(汗)、以前勤めていた法人が運営している作業所の責任者の方(前の職場の先輩です)にきちんと挨拶していなかったので、船橋市の法務局に寄った後に挨拶に行って来ました。
利用者さんの日々の様子を聞いたり、自分の現状を話してアドバイスを貰ったり。
アドバイスは参考にさせていただき、手製のパンフ(?)を作成したのですが、何より、試行錯誤しながら日々遅くまで頑張っている先輩を見て、自分の努力の足りなさを痛感し、もっと(×3)頑張らないといけない、と思いました。

その作業所で商品化に向けて作っているおせんべいをいただいたのですが、自分が居た頃(数ヶ月前です)より出来が凄く良くなっていて、「この味ならもう商品として出せるんじゃないか?」と思ってしまいました。
目指すところが、障がいを持った方が作っているおせんべいではなく、一般で売っている他の商品より魅力的なものだと思うので、まだ足りないと感じるところはあるのかもしれませんが、それでも利用者さんの頑張りや進化、作業所スタッフの指導、工夫を物凄く感じました。

スタッフの指導、工夫という点では、もうひとつ驚いた事がありました。利用者さんのモチベーションをアップさせる為にトークンを導入したのを教えてもらったのですが、そのご褒美がとあるキャラクターのシールで、それが凄い効果が出ているとの事でした。その利用者さんが、とあるキャラクターを好きなのは知っていたのですが、例えばそれをごご褒美にすると聞いても、自分なら「そんなものご褒美にならないよ。やっぱりコーラとか食べ物じゃないと。でもそれも如何なものか・・・。」なんて悩んで止まってしまう気がするのですが。。。

先入観を持たず、なんでも試してみるのも非常に大事だなぁと実感しました。

忙しい中、自分の現状を聞いてくれたり、利用者さんのお話や色んな試みを教えて貰い、感謝、感謝です。またお話を聞きに伺いたいですが、こっちの悩み相談ばかりになっても申し訳ないので、もう少し頑張って基盤ができてから行きたいなぁと思っています。

7月から障がい者と高齢者を支援する事業所を始めました

ケアサポート キラリという事業所を永福町徒歩5分の場所にオープンしました。

習志野市、船橋市で従業員として障がいの方を支援して来ましたが、自分で障がいの方や高齢者を支援する事業所をやってみたい、そしてやるなら慣れ親しんだ地域でやってみたいと言う思いがあり、幼少から30年近く過ごした杉並区、中野区近辺で事業所の立ち上げを検討していました。
最終的に、近隣に幾つか特別支援学校があったり、急行が停まったり(笑)、杉並区、中野区、世田谷区が近く、少し足を伸ばせば、新宿区、渋谷区にも行ける永福町に決めました。

まだスタート地点(に立てているかも怪しい・・)ですが、地域の福祉に少しでも貢献していけるように頑張りたいと思います!
ギャラリー